プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼恐ろしい雑草の力▼
▼恐ろしい雑草の力▼
1週間ほど、大手の会社の寮の草刈作業に障害者を行かせた。 年配者に刈ってもらい
それを段ボールに詰めさせると話したよね。 この間に自分の作業場の草刈作業をサボった。
久し振りの晴れ間に裏をのぞくと、草が胸の高さまで伸びている!「ギョ!」っと悲鳴が上がる。
まだ、折れたあばら骨周辺が痛く、息が出来なくなるけども、それでも頑張って草を刈る。
「別に、今やら無くても先に延ばせば!」っと忠告される。考えれば今でなくても良い気もする
んだけど、それが出来ないのがO型の悪い所。 思い立ったらやらないと気が済まないから
だから疲れるらしい。 でもね、真っ直ぐに伸びる雑草に、魅力を感じているのも事実で、
たかが草かもしれないけども、他って置けば問題が生じるからね。 ゴミを捨てられて
ゴミまでを片付けることになれば、仕事は増えるでしょう。 でも、実は草刈機は刃物が
回る訳で、これが結構危険が伴い、1年前に市の運動公園で作業中のシルバーさんが
死んだからね。 だから余計に気を使うんだけど、この集中力と忍耐力がたまらないかもしれない。
つまり機械が動いている間は、いつも危険であり、リズムも重要で、時々上手な人が
草を刈る時に見ていると、同じリズムを刻む。 そしてそのまま進んで行く。 長い距離でも
平気で進んで行くんだよね。 私なら疲れて死にそうになる。 何処が違うのか?疑問に
思い、見学していると、無駄な動きが全く無い。 70歳や80歳の方々でも同じリズム感。
まだまだ若輩者だと痛感する。 高校生に野球を教える際に「力を抜いて!」っと指導する
んだけど、全くその通りで、力が入り過ぎで、なかなか草が刈れないからね。 これは
学んだよ。。でも実践となると・・??難しいね。特に土手はあばら骨が折れた経緯があり
少々ビビリながらの作業になるよ。 苦しいからね、骨折! そうしたことを考えると
何だ格闘技と変わらない。 草刈は格闘技かもしれない! それ位に疲れるよ。
毒虫に刺されるのが嫌だから、合羽を着てやるんだけど、これが凄いことになる。
ほとんど中には、何も身に付けずにやるんだけど、ビタビタ・ボタボタと汗に苦しむ。
自分で無茶苦茶に頑張ったと、刈った草を見てみると、全く、何も変わっていない!
「えっ?」っと嘆きたくなる。1時間真剣に勝負して、全く風景が変わらないんだ。
何をしていたんだろう?? っと自己嫌悪になる。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/333-01a3bd1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。