プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼袋を変える▼
▼袋を変える▼
以前にも書き込んだと思うけども、来る人、来る人がポリ袋の数に
驚く! でもね、これから約50日はポリ袋はダメなんだよね!
カブトムシが入り込んで産卵をしてしまうんだよ。 この話をKに
話すと・・逆手に取りましょう!っと相談された。 つまりこの特色を
利用して、産卵をさせようと言うのだ。 確かに成功すれば凄い
っと思うね。 更に話は進んで、ポリ袋ではなく、土のう袋の中で
産卵はしないか?っと実験することにする。 確実に産ませるには
2重にする事が重要だと思う。 そうでないと乾燥してしまうからね。
デモね、実際にこうしたことを考えるのは、こうした仕事に携わって
いないからだよね。 だから全く違う発想が出来るんだと思うね。
この案から土のう袋ではなく、1回り大きい、ガラ袋を使用することに
なった。 ガラス袋は50リットル以上はあるから結構便利で、
家もマットの保管用に使用することにする。 これまでのポリ袋だと
どうしても破れてしまうからね。 無駄が多くなる。 だから数日前から
このガラ袋に変更した。 途端に来る人が「マットが減ったね!」っと
言うようになった。つまり、同じ量あっても気が付かないのだ。
災害時に土のう袋を大量に積んでも、それ程の量に思わないのと
同じ事で、整理されて積まれるから、全くそれを感じないのだ。
これ、収穫かもしれない。 破れないし、積み重ねる量も多い。
これまで5段くらいで荷崩れがしたけども、倍は積み上げれるからね。
問題は・・・中に何が入っているか解らないこと! これは。。困るね。
でもね、仕事に細かい経費が掛かるのは事実だし、ボディーブロー
の様に効いてきたと、前にも話したよね。 お金を掛けないと儲からない!
時代だよね・・でも、ガラ袋カブトムシの出来栄えに期待かもしれない。
秋を楽しみにしていてね。 結果報告します。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/334-fce8b208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。