プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼火の中に飛び込む▼
▼火の中に飛び込む▼
「どうして、自分から進んで厄介を背負い込むの?」などと言われることがある。
でも、自分ではそうは思っていないんだよね。 一番重要なことは、「交わること」
だと言う信念を持っていると思う。 これは揺ぎ無く断固としたものだとも思う。
仕事を100%以上にやれる訳は無いが、人から見ると「遣り過ぎ」らしい。
この時期は高校野球が気になって仕事どころではない。大変なのは解る。
カブトムシは最盛期を向かえ、出荷、出荷、出荷!でもね・・豊作らしい。
何処も彼処も豊作で、価格が破壊された。 要するに、草焼きをしなくなったのが
原因で、どんどん積み上げて醗酵させるから、どんどんカブトムシが生まれる。
恐らく、何処の市町村も同じ結果だと思うよ。価格破壊!する前にやられてし
まった。
3年前まで250円だったものが、200円では勝負にならん。 造園屋や行政の
シルバー人材から言えば副産物。少しのお金に換われば・・・っとなるでしょ。
120円とか150円で勝負されると太刀打ちが出来ないからね。。。それでも
授産所には、今年もトラック2杯10万円ほどの廃ホダを入れた。 更に人材も
確保し作業させた。 その結果で120円だと・・・何をしているのか解らない。
幸いにして、この作業場は近所にシルバーの草捨て場が存在し、カブトムシの
幼虫を沢山持ってきてくれるから、種には困らないから、どんどん新しい血が入
り込む。
でもね、この地域は元々5000坪以上の雑木林だったんだけど、山を削って
施設を沢山作った結果・・・・ほとんど居なくなった。鳥が居ないから昆虫も居
ない。
沢山出来れば、施設の利用者に換金できる。 ボーナスになると良いが、
なかなか難しい時代になってきた。 だけど、行政から処理費を受け取って、
本来無くさなければならないものが存在して、そこからお金が生まれるとなると・・
その処理代は可笑しいのではないだろうか?!そう思うんだよね・・それを即に
話してしまうから、また話がややこしくなる。 リサイクル屋のまあまあの所で
土建屋の番頭さんを良く見る。 デジタルカメラの新品を持ち込んでくるんだけど、
新品未使用で半額近くで売られていく。 道路工事1箇所に1台のデジカメが予
算されていて
使わないから売るんだろうね! また火の中に飛び込んだかな?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/347-6ec4335d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。