プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼高校野球▼
▼高校野球▼
本当に素直な子供とそうでない子供の差は歴然としてして、素直な子供はどんどん
上手になって行く。それに対して・・・まあ、学校の成績にも比例するかもしれ
ないね。
Makotoはいつもベンチスタートで、3年生の一番下手なグループかな・・・
春の大会の際に、2年生のウォームアップの手伝いで、キャッチボールの最中に
「レギュラーになりたい?」っと質問したら、目が輝いた! 「遣りたいです!」
その瞬間に、2つの約束事が守れるかを質問した。 1、ちゃんとグローブをはめる
2、ちゃんとボールを握る。 私が交通事故の後遺症に苦しんでいた頃かな。。
とにかく脱臼という恐ろしい癖があり、治るまでに27歳になったかな・・
千代の富士も大変に苦しんだと話をしていたけども、自分もそうだったかな・・
脱臼は一度外れると、恐怖から何もしたくなくなる。 30年も前の話になるけど
今の全日本代表監督が引退して子供達に野球を教えていた頃かな・・
1日だけ。。それも1回だけ・・人を介して高校野球の指導者としての勉強中だった
私に、こつこつやること。それを教えてくれたかな・・基本と基礎の重要性を
ただ、それだけを教えられたけども・・・45歳位から初めて、本当に初めて
解ったかな! それまでは体力勝負!それが基本だと思っていたけども、
言われたことを吸収することと、理解するのが必死だったことと、正直その頃の
監督は・・・好きでなかったかも知れない。素直な生徒と素直でないで生徒で、
私の場合には素直でない! っと言うことでしたね。 技術的なことは本当に
恐ろしいほど上達するよ。それも1日とか2日の単位で、見る見る上手になる。
幸いにしてMakotoは私とは違い、一生懸命聞いた生徒で、この時に監督も
変わり、口出し無用から口出し歓迎になった。 高校野球をする生徒の中で
ボールの正しい握り方を知らない生徒が99%、多分そうだよ。 だから
力が抜ける。 体重が乗らない。 これが一番怪我が多い原因かもしれない。
Makotoもまさしくそうだったね。 握り方と投げ方を教えた。 何とか夏の大会
のスタートに間に合った。 先発で8番サードだからね・・ ヒットは無いかも
しれない
が、頭が良い! ゲームを作れるからね・・彼は出塁率8割! 大学に進んで
教員になり、指導者として夢を果たして欲しい。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/348-27a3522d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。