プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼今年の虫・・?▼
▼今年の虫・・?▼
嫌~ぁ、難しいよね・・・今年は何にも売れていないのが現状かもしれないね。
色々やっているけど・・難しいよ。 でもその中でも、一番魅力的な物は、パラワン
かもしれないね。 これだけが売れているというか、これだけは売れるというか、
とにかく在庫薄の状況は変わりないね。 良い物は少なくて当然かも知れ無し
だから価格が統制されてくれるのかもしれない。 価格はともかく、綺麗に羽化
させることが難しいことは言うまでも無く、この羽化の状況こそが価格を決めるだろう。
ディンプルも無く、ピカピカの1年生を作ることの難しさと、作れた時の誇りは
誰もが「俺は天才」っと思うらしいからね。 でも100ミリオーバーの虫が出なくなったね。
血統が同じになんだよ。 新しい血を入れるんだけど、それが実は同じ血統だったり
するのかもしれないね。 だからどんどん進歩して大きな虫が出来るはずだけど
それがなかなか難しいのは・・・血が濃いのかな?? それしか考えられない。
オオクワガタも同じことが言えて、私の所に来る時にはほとんどがF2になる。
F1でも良いけども・・・まあ、家の場合には大量飼いだからね、目が配れないから
F2の方が調子が良いのかもしれない。 でも最近、ワイルド品がやたらと多い。
開発で、取れる場所が限られたことも大きい原因かもしれないが、それにしても
採集できすぎ!そう思えてならないね。 特に今年は当たり年かも知れず、結構な数
取れるからね。 だいたい3年に1回の当たり年と言われていて、今年は、その
3年目かもしれない。 特に関西は良いね! 関西は森が濃い。 臭いが違うから
どんどん採れた!っと情報が入ってくる。 更に香川は良いみたいだね。
私の夢だけど、一度で良いからパラワン島で採集してみたいよね。 イスラム圏での
採集は難しいらしいけども、行きたいなぁ~。どうしても自分で採集してみたい虫って
誰でもあると思うけども、私の場合にはパラワンかな。 それを採集したい。
オオクワガタはね・・・そこそこ知多半島でも採れるからね。 小さい地域だけど
確実に採れる。 だからそれを大事に増やしていくんだけど、なかなか難しいよ。
沢山産卵はしないからね。 4個とか7個が実に多い。下手なのかぁ?
まあ、それでも夢を追う50歳・・・頑張るよ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/12/23 10:25】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/355-e6652c66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。