プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼続インフルエンザ▼
▼続インフルエンザ▼
夏場のインフルエンザは、やはりきついですね。 何もやる気にならない。
でもね、このところのクワガタ・・嫌ぁ昆虫業界はダメだね。 ダメだとばかり
話をするのも、・・・これまたダメだね。 残るのは借金と疲れだけかも。
恐ろしいばかりの仕事量が、今じゃあ・・ほとんど無いし、虫の注文も
全く少なくなったと思うね。 でもね、まだ家の場合には良い方かもしれない。
ただ、夏の暑さの中で、障害者諸君を働かせるのもね・・自分も嫌だから
皆さんも嫌だと理解していて、3時には終われるようにしている。
昔は5時だとか6時だとかまで働いたけども、今はちゃんと暇な時期に
基礎ベースだけは作ってあるから、これから変化させれば問題ないから
どんどん作ることは可能。更に完成品にして、大袋に入れて醗酵をさせる。
2週間位の間には全部出て行くし・・・別段問題ないが、基礎ベースだけは
恐ろしい量の在庫になっていて、これの置き場が無くなってきた。更に言えば
廃ホダの置き場も無くなってきた。 恐ろしい量が存在する。 だから・・・
売らないとね。 最近1年余分に椎茸を栽培するから、廃ホダの状況が
悪く、芯が無くなってしまい、繊維質だけが残り、高速切断機が悲鳴を上げる。
それ位に遣り難い。 だから結構大変かもしれない。 今は、足の踏み場も無くなり
通路の確保に、とにかく時間が掛かる。 毎日、「通路を潰すな!」っと
言い続けているが、理解できずにどんどん通路が無くなり、結局集中して
やるしか方法は無い。 仕事をする環境を作ることも仕事であり、問題は
こうした場面から出てくるからね・・・例えば転んで怪我するなどとね。
で、インフルエンザの副作用は腹痛を置きみあげとして、全く力が入らない。
入れた途端に出ちゃいそうになる。だからね・・・困ったもんです。
毎日、正露丸飲んで死にそうに苦しんでいます。 お尻が痛い! 
間違っても夏場に、インフルエンザはならない方が良いよ。 冷房や水分など
本当に敵が多いからね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/358-6dfeca48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。