プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼障害者の病状▼
▼障害者の病状▼
夏休みも終わり、いつもなら誰かが来ない!なんて毎回のことなんだけど
今回はちゃんとみんな集合できた。 これだけでも相当に珍しいことで
私としては、面倒なことが無く「良かった」っと安堵だよね。 でもね、来ない
理由の一番は、自分勝手! 2番目は発作を起こして倒れて怪我をする。
一人は毎日、往復3キロ位あるのかな・・・でもね、毎日歩いてくるから
運動にはなる様子で、この2年くらいてんかんの発作も無く、調子が良い。
うさぎと亀で話をするんだけど、亀さんの方は、こうして自分自身を鍛え
色々面倒な作業や、本当に嫌な仕事でもちゃんとやり、病状も回復した。
この中で、「やり遂げる」っと言う達成感が、何だかの影響を与えている
そんな気がしてならないね。 だから一番難しい、誰にも出来ないような
仕事をさせている。 他の2人には一切手を出させないようにしていて、
それも満足感になっているのかもしれない。 だから結構サボる。が、これも
仕方ないかな?? デモね、問題はうさぎの方で、こいつの病状が少々
気になり始めた。 毎日やっている作業が、どんどん出来なくなって行く。
サボりじゃ無く、出来なくなって行くんだよ。 この際には、必ず可笑しな事を
口にする。 「???」唖然となる。 何度説明しても、一度出来なくなったものは
出来ないんだよね。 例えばで言うと、コンセントかな・・勿論で電気のだよ。
させなくなるんだよ。 今までやれたのに「教えてください」っと言い出すから
最初は、冗談だと思ったくらいだからね。 5分経過しても、10分経過しても
遣れなくなるんだよね。 余ほど薬が強いのかな?? 休憩時間も沢山与え
労働時間も短くし、それでもどんどん病状が進行していくんだからね。
考えさせられるよ。 ついでに言えば、うさぎと亀さんを見ているM君は・・・
マイペースで、毎日機械に向かって話し掛けている。 それも大声でね。
ストレスかな~若葉の頃とか新芽の頃を7月だと言われたことがあるが、
まさしくこの時期から可笑しくなった。 因果関係があるのかな??
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/376-aa557eae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。