プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼そろそろ夏休み▼
▼そろそろ夏休み▼
いよいよ我が家の夏休み! 待ちに待ったっと言うか、やっと休めると言うか・・・
う~ん・・説明しがたいね。 でもね、障害者諸君も一緒に行くんだよね。
本来なら、休みにして自宅待機が良いと思うのだけど、実際には家庭の人達が
頑張って、送り出してくれるから、働ける訳で、それに感謝して、1週間だけ連れ出す。
その間に家族は、水入らずと言うか・・・温泉でも何処でも行って頂戴!っと感じ。
命の洗濯をしてもらえば問題は無い。 こちらも海で他って置けば問題ないし、
ただ、てんかんを2人とも持っていて、一人が重傷で、もう一人は軽症だけど
便を漏らす! これが最大の問題であり、更に我々は家族で無いから旅行会社
から認められないんだよね。 早い話は、遣りたくない! っと言うこと。
だけど文句も言えないものね。 障害者だからと言って特別扱いをするのは
日本だけで、海外ではそうはいかない! だから移動は全てレンタカーになる。
それも万が一を考えてワンボックスになるでしょ・・健常者ばかりなら必要ない。
とにかく1時間に一度トイレに行かせても、漏らすんだからね・・・最低でしょう。
空港に到着すると、もう大変。トイレ、トイレ、トイレ・・だから、あまり食べさせては
いけないのだ! 誰もがそう思うよね。 更に言えば、機内のトイレでは、大きいのは
出来ないのだ。 問題はトイレのドアが開け閉め出来ないからね。
とにかく、強制的にトイレに行かせるんだけど、飛行機に乗る前に充分時間を掛けて
トイレに行かせるんだけど、乗り込んだ途端にトイレ!だからね。。。
現地到着前に、機内でトイレに行かせるんだけど、これまた到着するとトイレだからね。
とにかく時間が掛かる。 それから現地のトイレマップはあるんだけど、問題は
そこのトイレに大きい方がどれだけあるかと言うこと。 3箇所以上ないと漏れちゃう。
だから、毎回同じ所に行かなきゃならないよね。 一昨年は小便を1回、昨年は
大きい方を2回漏らされて・・・連れて行くのも考えたけども・・まあ、仕方ないね。
私にはそれしか彼らや彼らの家族に恩返しは出来ないからね・・・感謝!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/381-5e18b46f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。