プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼大雨▼
▼大雨▼
この場を借りて、皆さん・・雨の影響張りませんか? 大丈夫ですか?
8年前に凄い雨を経験したが、今回はその比ではない位に雨が降ったと思うよ。
数日前に、水没した車の中で死亡事故の記事を読んだけども、自分でも経験がある。
友人のOと二人で、夜な夜な遊んでいた時に、ある日に今回の様な雨を経験した。
こうした際に、一番危ないのは山を削って農地に転用したような場所だね。
低い所も確かに危ないけども・・・農地の場合には土石流の恐ろしさがあって、
この土石流に流された! もちろん車ごとですがね。 当時、良かったのは
フォルクスワーゲン社のモノコックボディー?だったかな・・このタイプの物に
乗っていて、水がドアミラーの所まで来たんだけど、とにかく前に進んで、高いところに
向かって、大事に至らなかったけども、道が見えないんだよね! 要するに
泥水で冠水していて、何処で曲がるかが解らない状況で、その中を進んだけども
さすがドイツ車だと思ったね。 翌日、ボランティアに出掛ける際に、1キロの間で
車40台位は水没だったから。 偶然に田んぼ側に柵があって、車は下の田んぼに
落ちずに済んだんだけど、でも全滅だよね。 その中には友人の車もあって、
土石流に逃げようが無かったらしく、最悪の状態だったらしい。 面倒だから
フォークリフトで車をトラックに積んだのを覚えている。 幸いにして、これ以後に
下水道が完備され、恐らく一日に300ミリ以上降っても大丈夫だという計算だけど
あくまでも人間の計算だからね。 まだ、家の前を走る電車も走っていないから
知多半島にも影響が在るんだと思うけども、恐らく東海市かな???
とにかく、最近では、台風も怖いけども、雷の方が余ほど怖いよ! どれだけ
降るか予想が付かないからね。 沢山降るとニュースでは言うけども・・・難しい。
判断は難しいよ。 取りあえず、情報を集めてからの行動になると思うね。
皆さんもそうしてね! ちゃんと情報を把握しないと2次災害にあうといけないからね。
今夜も降ると思うから・・・・とにかく気を抜かず情報を共有しよう!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/383-f1bcd0ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。