プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼周りを見ないとね!▲
▼周りを見ないとね!▲
みんなが毎日、訪ねて来てくれるのは非常にありがたいよね。でもね、時間、時間!
その来てくれる時間だけど、一番忙しい最中に来てくれて、3時間も居座られると
辛い! それも無茶辛い! なかなか帰ってくれとは言えないし、先輩方も多い。
これではなかなかね・・辛いな~。 夏場に出来なかった片付け仕事も多いからね。
特に産卵木を積み上げてあった物が、カブトムシに食い荒らされ、美味しい部分
は全部食べられ、残っているのは本当に芯だけど、その量が半端でないからね。
大量にあるよ! 2トントラックに数杯分はあるね。 だから順に焼いていく。
刈った草と一緒に燃やすんだけど、これも結構ね・・・面倒くさい。でもね自分で
やらないと人任せに出来ない部分もある。 このところの仕事は、草刈にゴミ焼き。
まあ、ゴミと言ってもほとんどが材の芯だからね。 以前ならキャンプに行ったから
その芯を沢山持参して、料理に使用したけども、最近は行かないからね・・消費
出来ずに居る。 とにかく作業場は汚い! 雑然としていて、これでは良い空気が
流れない。これから数ヶ月掛けて整理整頓をしながら、ゴミの処理をしないとね。
とにかく毎日材をカットすると、その両端は売れないからね。更に産卵木には
ならない物も多い。 だからのこぎりの周りには、どんどん山が出来ていく。
それも1週間で、背の高さまで積まれていく。 凄い量だよね。 それを整理する
だけでも凄い労力が必要だし、これまでにカットした物も相当数あるからね。
だから最近は、周りに目を配らせ、作業の効率を上げるようにしていて、自ら
頑張っている。 忙しさのあまりに、目先しか見ていなかったね。 反省だよ。
毎年の事とは言え、一番辛い仕事かもしれないね。 まるで、宴の後の様な
そんな感覚かな・・・ まあ、とにかく土曜や日曜ならまだしも、平日に来るなら
手伝いに来て欲しいよ。 まあ、訪問者も同様に周りが見えない・・見ていない!
そう言う事かもしれないね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/396-ecae4ae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。