プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人カブトムシ
幼虫君
▼外国人クワガタ虫▼
実にたくさんのオガ粉を食べるからね・・驚くよ。 オスならドラム缶1本近くは食べるのかな?
この下のフタだけど直径12センチだからね! それと比較してくれれば、大きさが理解できる
と思うから、比較してみて! とにかく、これで10リットル程は食べた計算になるけども、まだ
沢山食べると思うね。理由だけど・・だいたい1年8ヶ月位で羽化すると思うけども、これまだ
三ヶ月も経っていないからね。だから、まだまだ食べる計算になるよね。 この幼虫だけど、
名人の春日井のOさんが産卵させたもので、南国知多ではこのサイズは難しいかも。。。。
とにかく上手な人が少ない中で、本当に良い成虫を作ってくれるからね。
でもね、エサは自分で作ったよ。 延べで70時間くらいは掛けて、生ゴミ処理機でゴロゴロ
回転させて、作りましたよ。 だから、よく食べて、どんどん育ってくれていて、来年には、
羽化するんじゃないかな? 
10年位前に、色々南西諸島のヒラタクワガタの幼虫を見た時も驚いたけども、今は、この
サイズの幼虫でも驚かないからね。 もっと大きな成虫は・・居ないのかな?
まあ、出て来た時には紹介しますよ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/399-8e5c255b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。