プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲一番の楽しみ▲
昼ごはん
▲一番の楽しみ▲
食べることは楽しいよね。 でもね、なかなかそれが食べられるものでなく、そこでしか見たことが無く
探しても、探しても無いとなれば、みなさんならどうする? 
私の場合には、本当に瞬間冷凍して日本に持って来たいと思うほどの美味しさで、今回には、皆さん
にも、その食べ物を紹介しましょう! 本当にこの食べ物とであったのは・・10年位前??かな。
どうやら広東料理らしいのだけど、中華には違いなく、本当に中国人夫婦が作っている。
場所はね、オアフ島のパールシティなんだけど、以前、虫が好調の頃に、1年間に4回ハワイに行けた!子供も小さかったから30000円もあれば行けたから、北海道よりも安く海水浴は日本よりも危なくないから、いつも飛行機で出かけて行った。 OLD NAVYは昔はここにしかなく、何度も通っているうちに、食事時間になり、この店に出会った! 「シーフードケーキヌードル」 近所の製麺所の先輩に持ち帰り、見せたところ、「凄い!」っと話をして、見に行きたいと話しをしたくらいのものだけど、ラインなどの問題でなかなか作れないらしい。 そうこうしているうちに、10年以上も通い、最近ではカウンターの前に並ぶだけで、「How many?」っと聞かれる。 おばちゃんはニコニコ顔で迎えてくれて、何故かしら、他の人達よりも大盛りなんだよね。 最近では、他の種類も頼んで、家族で分けて食べることも多いが、私の場合には、この写真の商品を食べる機会が多い。 美味しいからね。
今は、1年に1回しか食べられないけども、でも、まあ、食べられるだけ嬉しいよ。 一番のご馳走は
おばちゃん達の笑顔かも知れないね。  まだまだ美味しいものは沢山あるけども、でも、最高!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/403-8ceab9ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。