プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲美味しそうな昆虫用マット▲

▲美味しそうな昆虫用マット▲
障害者諸君が手作業で細かなマットにしてくれる。 だから醗酵の度合いが早く進み、むらなく
隅々まで均等に美味しく食べられる。 オオクワガタの幼虫は結構、美味しいところと美味しくない
ところを解るみたいで、結構食べ残しも多いが、このオガ粉になってからは、ちゃんと食べるね。
家の場合には、3令の途中からマット飼育に変える。 その原因は、最後にピカピカに仕上げる
為にそうするんだけど、お陰でディンプルなどは少なく、サイズが大きくても傷なども少なく、
高価で売れていく。 企業努力と言うか、グループ内で情報の公開などを繰り返して行った結果
同じ様な形の親が出てくるようになった。 菌床のレシピも公開したから同じ物が作られて、色々
多くのショップにならんでいるが、やはり最後はダメ! 最後の最後はマットにしないとダメだね。
おいしいマットを沢山作って、沢山食べてもらうことが最優先であり、まず実験的に外国産の
カブトムシに食べさせると、よく理解できる。 食べ方が違うんだよね。 とにかく早く無くなり、
糞だらけになるんだからね。 これはクワガタ虫にも同じことが言えて、交換に比率が高くなるが
これは嬉しい悲鳴である。 ただ、これまでには硬く詰めろは常識だったけども、微粒子になった
ことで、軽く詰めれば問題ない。 これまでの3割程度の力でも構わないからね。
こうして色々錯誤している間に、夏が終わってしまい、多くの反省をするね。
難しいよ。やはり生き物だからね。 さあ、来年は・・・っともう終わっった感じには参るね。
取りあえず、研究は続けるけども、マットに関しては、今の段階では、最高級品ができたかな!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/405-1632d178
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。