プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲見たことあるかな?▲

▲見たことあるかな?▲
年間を通じて色々な所に出掛けるんだけど、人と違うところは、まずその回数が多いことだと思う。
更に言えば、まあ、常に同じ所を目指すことが多いかな・・・とにかく何でもそうだけど、自分の目で
確かめたいとか、見てみたいとか、触ってみたいとか・・最後は捕まえてみたいとかの、好奇心に
誘われて、結局その場所に立っていることが多い。 更に言えば、そうした地域に友人が出来て
しまい、嬉しい悲鳴につながる。 結果、挨拶を兼ねての訪問と言う形になっていくからね。
写真は自分が撮影したものだけど、見たことのある人も多いと思うな・・・地元雑誌には必ず掲載
されているし、行ったある人も多いと思うよ。 だから説明も早いと思うけども、元々、私は新舞子
なる海育ち。 全く、昆虫など縁の無い生活をしながら遊んだから。 でも、その海は、もう無いんだ
よね・・・! 埋め立てられて・・人工ビーチになり、沢山の不満が残るね。だけど、この写真の裏側
は、海であり、ここから北へ向かうと、子供の頃の記憶が蘇る! あ~こんな感じだったなぁ。
非常に懐かしく、色々沢山の事が一気に頭の中を過ぎる。 嬉しい限りであるし、初心に戻れる。
だから写真は記録しないとだめだよね。 でも、毎年同じ写真を撮るのも如何なものか??っとも
思うけども、初心わするべからず! だよね。 だから頑張れるのかもしれないね。
とにかく、みなさんにも、そうした1枚の写真も必要だと思うね。 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/408-842cbd11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。