プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲色々扱いがあり大変▲

▲色々扱いがあり大変▲
実験と試行錯誤の連続に、理科の先生方とのお付き合いが増える。 とにかくこの昆虫業界だけど、決定的に、これがベストという物は少ない。 写真の物はやしがらになるんだけど、これがまた大変だった。 フィリピン産のダニだらけの物から始まり、インドネシア産の親指の第1節よりも大きな物から
現在の使用中の小指の弟1節の半分くらいの大きさまで、10数種類を超える中から、探し当てたが、政治が不安定で、なかなか揃わない。 1度在庫無しになると半年・・いや10ヶ月は切れることもあるから、在庫にしないといけないし、なかなか大変なんだよね。 
さて、これを何に使用するかと言うと、多くは成虫の管理用に使用するんだけど、私の場合にはカブトムシの交尾用に使用することが多い。 それに使用したら、成虫の発送用に使用するんだけど、虫がわき難く、結構便利に使用している。 でもね、実際には爬虫類などの飼育に使用する人が多く、
全国の皆さんは結構高く買っているらしく、人伝に注文が来るから、沢山使用している人は居るんだと
思うね。 まあ、個人個人だから使用しても100Lくらいと知れているけども、それでも業者になると
1立方単位で使用してくれる。 ありがたいよね。 でもね、6メートルの海上コンテナごと来るからね、凄いことなんだよね。1梱包7キロ位だから重量は気にせずに運べるんだけど、とにかく道路をふさぐから、一気に下ろす。300梱包位はあり、それを5人で一気に下ろす。 下ろすだけなら20分もあれば可能だけど、それを倉庫の中に運び込むことと、積み上げることが大変でして、障害者諸君は、勝手に自分の良い様に分業する。 つまり、台車に積むだけの人間。 運ぶだけの人間。積み上げるだけの人間。だから3倍時間が掛かる。 一度に積んで、一度に運んで、一度に積み上げる!
この方が早いじゃんね。 まあ、早く遣る必要も無いから、良いけど。
取りあえず、こうした外国からの商品が増えてきていて、そうすると沢山買わないと売ってくれないから大変だよ。 気になったら使ってみて頂戴。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/415-b8a29b9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。