プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲オリジナル商品▲
今回は、マットに続くオリジナル商品だけど、なかなか難しいんだよね・・企画・製作・販売を全部自分でやることは非常に難しい。 恐ろしい労力が必要とされ、更に売れないとなれば・・・ストレス!!
会社で企画や運営をしても、責任は会社に残る訳で、個人には余ほど無いのが、日本の常識なんだけど、それがね・・こんな話がある。 大型店で数店舗あるんだけど、食品関係は良く売れる。 でもね、家電品は売れてはいるけど、仕入れと販売のバランスが悪いが、売れれば儲かる。 この夏に
一方はボーナスが出たけど、もう1方は寸志すら出なかった。 みなさんならどう思う? この数店舗の担当者は、出た人間と我慢の人間。 これって違わないかな? 更に各納入業者に値引きや袖の下を要求する店長達。 明らかに間違っているし、そんな方法はもう何年も前に禁じられているだろう。
写真の様に16gのゼリーを入れたり、転倒防止様に作ったオリジナル商品は倉庫に山盛り。 でも
責任は全部自分だけど、この会社は可笑しいだろう。 皆さんの会社や職場はどんなのかな?
家の場合には障害者が働いていて、本当に苦労と我慢の日々だったけど、今は彼らの自主性に任せてあり、そこそこ頑張って結果も出せる様になってきたんだけど、会社の上が責任を持てない会社に結果が出るのかな? どうせ貰えないなら、やらないでしょう? 私は嫌だからとことん暴走し働くんだろうけど、不戦敗! それで終わってしまう人間を育っててどうするの??? とにかく人が動けばご苦労様、仕事が終わればありがとう、っと感謝する。 それが人が先に進んで行く為の常識だと思うんだけど、違うのかな??  私は、責任を持てる人間になりたい!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/428-ae3c4f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。