プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲オリジナルボトル▲
今回は忙しい仕事の理由を含めて、ボトルに関してです。 写真の中の一番前の右側は元々あったボトルで、金平糖用に作られたボトルなんだけど、金平糖もなかなか売れないからね。 要するにボトルの維持費が掛かるんだよね。 だから他の業者さんに使って欲しい!っと言われて、手を上げた。
でも、金型の使用料は払うんだよ。 1本あたりで数%だけどね。 左側の物は、自分が企画して、作った物で、金型代金は70万円だったね。 だけど、これも他社が使用することで、契約をしたら、最後はボトル屋が売って欲しい!っと言うから、35万円払って! っと言ったら、嫌だと断られた。 でも、1本当たりに数%の使用料を要求したら、それは飲み込んだ。 まあ、良いと思うけど、なかなかすんなりとは行かないんだよね。 まず70万円は簡単には出てこないからね。 それ以外に1本毎にコストが掛かる。 まあ、これも知り合いの会社で作るんだけど、原料の値上げが恐ろしい。 1年に6回も上がるか??? それは可笑しいだろ。 ドル建てで、支払っているんだから、円高だろう!
色々文句は言いたいね。 金型は3割高。 ボトルは15%など許せんなぁ。 それでも家の主力商品で、かなり期待度も高いからね。 なかなかおいそれとは辞めれないほどの売り上げ。 三大主力の産卵木・オオクワガタ・ボトルっとお金になる部分だからね。 
とりあえず、新しい企画に驀進し、儲かる話を作らないといけないけど、儲からない話も数点あるからね。それもボトルでね。 博打だよね。
それでも、売れれば一度に沢山売れるからね。 我慢、我慢かな? 2008年は我慢の年だよ。
お陰で胃が痛いよ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/430-f979f509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。