プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▲おなじみの光景ですね▲
恐ろしい量のスーツケースを持参し、それが一杯になって帰国するんだけど、何せ、日本では買い物をする時間さえ少なく、昆虫の世話に追い回されるからね。 本当に日本では時間が、万が一出来ても休養していたいから、出かけるのは年に数回になるのかな。 結局日本での買い物が皆無に近い事になる。 ただ、どうしても下着などは日本製品がフィット感も良く、買わないといけないからね。
色々思案するんだけど、結局のところ沢山一気に購入するなら、外国まで飛行機代を使用しても
買いに行ってしまう。 勿論安いからね!! 日本でもかなり安くなったと思うけど、それでも比にならないからね。 ここも昨日の写真同様に歩いていて、ゴミはないね。 それが一番心が癒されているのかもしれない。 ゴミ箱も無ければ、灰皿も無いが、それでも綺麗だし、日本の様に何時でも何処でも掃除のおばちゃんが拾っている訳ではない。  私が特に探しに行くのは、トランクスかな・・・
それも出来れば赤に白い水玉の物を探すんだけど、なかなか買えないけどね。 そんなデザインを作っているところも少ない見たい。 それでも赤のチェックでも良いから探すんだけど・・・勿論金運に良さそうだからね。 日本にのパンツは何処へ行っても同じデザインばかりだし、良い物を探し当ててもサイズが無いし・・・まあ、こうしたことで結局海外に行ってしまうよね。 とにかくサイズ! 今は85キロは無いから、日本でもサイズは在るよ。 ところがね仕事が仕事で、毎日土木作業員の様に働かないといけないから、立ったり座ったりと繰り返しばかりで、材の仕入れなどで移動する時も、トラックでの移動だし、なかなかハードだからね。 そこで、必要になるのはハードに使えるトランクスにジーンズになるのかな。 ユニクロの物でも良いけども、やはり小さいんだよね。 クリーニング屋の友人が一番良いと言うから何回か購入したけども・・・小さい! そこで、どうしても海外でフィットしたサイズを探すんだけど、これも仕事着が中心になるからね。 まあ、赤い綺麗なトランクスあったら教えて欲しいよ。
お尻は小さいけど、ハードな仕事だからね。 そんな訳で、決して不順な理由で海外に行く訳ではない。 90%は作業着の購入になる。 そのまま営業に行く時もあるからね、作業員候では済まないからね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/435-3be5e191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。