プロフィール

クワガタ飼育研究家

Author:クワガタ飼育研究家
昆虫の飼育は教育の一環
先生になりたかった夢を
叶えることが思わぬ形で
叶い、子供たちの前で話を
することは、やはり
素晴らしい事。

そして次は、私が子供たちに
夢を与えること、クワガタ虫や
カブト虫の素晴らしさを伝える
こと。

「クワガタ飼育研究家」の名に
恥じぬように日々努力を重ね
子供の夢を叶えること。

クワガタ飼育研究家とは・・・
不登校60人以上の学校に、
当時の市長の命によりPTAの
活動をする為に入る。

ここで多くの子供達との
出会いを交え、沢山の企画、
運営、自己責任を学ぶ中、
時には体験学習で生徒を
受け入れ、一緒に汗を流し、
生き物の命を教える。

先生方との間にも連帯感が
芽生え、転勤して行く先々の
学校で昆虫の素晴らしさ、
飼育の面白さを伝えていく。

私自身も
 学校は地域であり、
  地域は学校である
ことを学ぶ。

いつしか私の開催する講座
には、先生方が子供と一緒に
姿を現すようになり、
 「クワガタ飼育研究家」
と多くの先生方から称号を
頂戴する。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

激闘 クワガタ飼育 365日編
子供の夢を叶える為の昆虫飼育研究家によるクワガタ虫、カブト虫の飼育教室
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▼気を使うもの▼
毎日、毎日大量のオガ粉を生産するんだけど、その中で気を使うものが多い。 特にマスクや着る物には相当な気を使う。 その理由だけど、オガ粉を細かくする事で、冬場でも扇風機で浮遊する細かな物を、一気に飛ばす! 更に蓄積した物も飛ばす。 なかなか大変だと思うよ。 更に言えば、私の場合には、最近書き記すように、日本ではサイズがなかなか無く、困り果ててしまうからね。 気に入った物が在れば、更にサイズが在れば、一気に購入する。 それも3枚から12枚位を一気に買うようにするんだけど、こうした買い方をすることを結構バカ者扱いをされるんだけど、まあ、それも仕方が無いかな! 作業着だからね・・1000円程度の物が望ましいが、なかなかその価格で購入しようとしてもね・・・結局2000円程度になるね。 今回の写真は、オガ粉対策にはちょうど良い。 アメリカの刑務所で作られているんだけど、とにかく丈夫で少々ハードに使用しようが関係ない。
 50枚くらい購入したかな。 家の障害者諸君にも着せれば良いからね。 使用頻度の問題から考えても、沢山必要になるし、だから高価なものは問題になる。 一番多いのは引っ掛け傷からの破れだからね。 更に言えば、そのままの格好で、営業活動や集金にも出掛けるとなると、そりゃあ大変な事になる。 とにかく毎日、オークションでチェックして、相場を確認して、今、何が幾ら位で売られているのか??? 通常なら虫のことかもしれないけど・・・虫はしない! その理由は、逆に人の意見を聞くことになるからね。 だったら自分流で、構わないと思う。 人から見て、虫が安いのか、それとも高いのかは問題ではなく、自分が幾らなら良いかで価格を付けている。 納得して貰える虫を生産するのが役目だからね。 生産者は1円スタートなど自分の価値を下げるだけだからね!!
まあ、そんな訳で、虫を作ることには、他にも労力が必要であり、中でも仕事着の選択は大変であると言うことだよ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kuwagatashiiku.blog106.fc2.com/tb.php/436-eb23855d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。